Vascular Access超音波研究会

第7回 Vascular Access超音波研究会

開催概要

開催日時 2013年12月8日(日)
10:00~16:00(開場9:00)
会場 シェーンバッハ・サボー(砂防会館別館)
東京都千代田区平河町2-7-5
地図はこちら
参加費 医師:3,000円
コメディカル:2,000円
企業:5,000円
お問い合せ先 VAultrasonic@gmail.com

血管診療技師更新用単位数5単位認定講習会

プログラム

I.シンポジウム「VAエコーを治療にどう活かすか?」 司会 演者
10:00~12:00 1.VA作製~何をどこに作製するのか?~ 若林正則
(望星第一クリニック)
小川智也
(埼玉医科大学総合医療センター)
廣谷紗千子
(東京女子医科大学病院)
2.狭窄に対する治療の必要性 野口智永
(横浜第一病院)
3.狭窄に対する治療法の選択 末光浩太郎
(近畿中央病院)
4.閉塞に対する治療法の選択 笹川成
(横浜第一病院)
5.スチール、過剰血流に対する治療法の選択 山本裕也
(大阪バスキュラーアクセス天満中村クリニック)
6.穿刺困難に対するエコー 下池英明
(高橋内科クリニック)
ランチョンセミナー 司会 演者
12:00~13:00 「VAエコー ライブデモンストレーション」
装置提供:東芝メディカルシステムズ株式会社
赤松眞
(あかまつ透析クリニック)
小林大樹
(近畿中央病院)
II.一般演題 司会  
13:00~14:20 1.同一医療法人4施設でのバスキュラーアクセスの関する連携-超音波によるシャント管理とシャントPTA実施の取り組み- 木全直樹
(東京女子医科大学病院)
八鍬恒芳
(東邦大学医療センター大森病院)
菅野靖司
((医社)欅会 北八王子クリニック)
2.血栓性閉塞した人工血管内に異物を認めた一例 角城靖子
(大阪バスキュラーアクセス天満中村クリニック)
3.超音波検査にて橈骨動脈の高度狭窄を確認したR-C AVF 2症例の検討 松田政二
(医療法人あかね会 中島土谷クリニック)
4.AVGの血流量・血管抵抗指数におよぼす原因の検討 三輪尚史
(名古屋共立病院バスキュラーアクセス治療センター)
5.穿刺におけるエコーの有用性-エコーを穿刺手技改善に生かす- 渡邊活気
(高橋内科クリニック)
6.上腕動脈高位分岐症例に対する基礎的検討 山本裕也
(大阪バスキュラーアクセス天満中村クリニック)
7.重度低心機能患者に対して自己血管内シャント(AVF)を作成した一例 奥永明子
(公立学校共済組合 近畿中央病院)
III.症例検討 司会 演者
14:20~15:30 「この症例をどう考えるのか?」 村上康一
(みはま香取クリニック)
深澤瑞也
(山梨大学医学部附属病院)
山本裕也
(大阪バスキュラーアクセス天満中村クリニック)
人見泰正
(綾部市立病院)
河村知史
(井上病院)
IV.エコーガイド下PTAセミナー 司会 演者
15:30~16:00 エコーガイド下PTAセミナー 佐藤純彦
(さとうクリニック)
甲斐耕太郎
(東京女子医科大学病院)
共催:バスキュラーアクセス超音波研究会|ボストン・サイエンティフィックジャパン株式会社
GEヘルスケア・ジャパン株式会社|協和発酵キリン株式会社